7時間前に投稿
・昔、広告代理店の、「すっごく優秀」だと、
 よく人に言われている営業マンに聞いたことがあります。
 「いい営業って‥‥営業の極意ってあるんですか?」
 そうしたら、その人は、迷わずに答えましたよ。
 「とにかく、いることだと思います」
 はぁ‥‥とにかくいる?
 「誰でも、用事って、大事であろうがなかろうが、
  そこにいる人に頼むものなんです。
  いつでもそこにいるやつになれば、
  やっぱり仕事を頼んでもらえるんですよね」
 じぶんの能力のおかげじゃないというわけです。
 誰でもできることをしているんだと、言ってます。
 でも、これはうそや冗談じゃないと、つくづく思います。
 
 「とにかく、そこにいる」
 
 おもしろい相談が持ち上がっている場所に、いる。
 困ったなぁとうんうん苦しんでいる場所にも、いる。
 誰かと誰かが出会って、なにか起こりそうな場にいる。
 孤独でさみしいような場面にも、そっといる。
 いい考えが浮かんだ場所にも、聞いている立場でいる。
 手が足りない場所には、もちろんいる。
 
 いたら、なんでも頼みます。
 頼んだことをやってくれたら、信頼が生まれます。
 困った場面にいてくれたら、ありがたいと思われます。
 そういうことを無数にくり返していると、
 「いい仕事だから、あいつにやらせよう」となります。
 それが、「営業の極意」なのだと、
 言った営業マンのことを、ぼくは
 すごいもんだなぁと思ったものでした。
1日前に投稿
100%- always 「常に」「必ず」
90%- almost always「ほぼ必ず」
80%- ususally, normally, generally 「普通は」「普段は」「たいていは」
70%- very often, frequently 「とてもよく」「頻繁に」
60%- often 「よく」
50%- sometimes 「ときどき」
40%- occasionally 「たまに」
20%- seldom, rarely 「めったに~ない」「ほとんど~しない」
10%- almost never, hardly ever, scarecely ever 「めったに~ない」「ほとんど~しない」
0%- never 「決して~しない」「全く~しない」「一度も~しない」
頻度を示す16個の英語の副詞の使い方を完璧に身につける簡単訓練法 | わいわい英会話 (via rairaiken424)
1週間前に投稿
「あと30分くらい時間があります。あなたが今までに創りだした最高のプロジェクトについて話してくれますか?」
2週間前に投稿
1ヶ月前に投稿
1ヶ月前に投稿
1ヶ月前に投稿

日本人には、「無限に遠い未来に向けて永遠の反復努力する能力」というのは非常にある。世界中があきれるほど、そういう努力には強いと言ってもいい。

日本人には、「目の前のタスクを達成する」という能力もある。世界中があきれるほど、そういう現場力には強いだろう。

だが、システマティックな構築能力、つまり「構造を論理的に考えて、適切な規模のゴールを設計する」という能力は、よく言われるとおり、やはり足りない気がする。、

だから、「誰かがカテドラルの設計図くれたら」、それにしたがって動ける。
だが、どんなカテドラルを作りたいか?というビジョンを設定するのは、難しい。なぜその設計が難しいかといえば、「努力職人」の発言権が強すぎるから、と言ってもいい。
努力職人は、目の前の仕事が、今までどおりに遂行されて、そこに払われた労力を労われることを望む。だから、努力職人を束ねて仕事させようとすると、いまの労働の無限反復だけ前提とした、予定調和的な中間管理職にならざるを得ない。起承転結ではなく、起承承承承承承承承承になる。
これでは、構造設計にはならない。

したがって、「過去の設計図の使いまわし」が横行するわけだ。

1ヶ月前に投稿

shirokuuma:

Design : Ryo Kuwabara

1ヶ月前に投稿

chuck-snowbug:

豚の角煮

Pork, Spinach, & Egg - All boiled and soy-sauce flavored!

Next Post:

http://chuck-snowbug.tumblr.com/post/37706073218/the-following-day-previous-post

1ヶ月前に投稿
 「経験」は、行動を起こさなければ得られない。
 だから、とにかく「動く」ことが必要なのだ。
1ヶ月前に投稿
2ヶ月前に投稿

moshdiver:

山口県の角島大橋。念願かなって行ってまいりました。綺麗でした。めっちゃ日焼けした。

2ヶ月前に投稿
文が分かりにくくなる4大原因

1.一つの文に多くの情報が詰め込まれている
2.情報を与える順番がおかしい
3.どの語がどの語を修飾しているか不明確である
3-1.ある語が修飾している相手の語を見つけにくい
3-2.ひとつの語が複数の語を修飾しているようにみえる
4.言葉のまとまりが捕らえにくい



分かりやすくする4つの最適化ルール

1.一つの文が伝える情報量を減らす
(そのために)
(1)不必要な情報を削る
(2)文章を二つ以上に分割する
2.文章の主題となる部分を前に出す
3.語と語の修飾関係を明確にする
(そのために)
(1)語順を変える
(1-a)長い修飾語は前に,短い修飾語は後に
(1-b)意図せぬ修飾関係が生まれないように配列する
(2)句点をうって区切る
(2-a)短い修飾語を先にする場合は,その直後に句点をうつ
(2-b)長い修飾語の後に,長めの表現が続くときは,長めの表現の直後に句点をうつ
(2-c)修飾関係を切りたいときにも,句点をうつ
4.漢字とかなを組み合わせて,漢字やかなの連続を避ける


※4つの最適化ルールの使い方(メタ・ルール)

「わかりやすくする4つのルール」は,より上にあるルールを優先して適用する。
 まず文に含まれる情報を減らし(1.),
 それでも分かりにくければ情報を与える順番を変え(2.),
 それでも分かりにくければ修飾関係が明確にする処置を行い(3.),
 それでも分かりにくければ,言葉のまとまりを修正する(4.)。
2ヶ月前に投稿

pedalfar:

Erika Mori : 森 絵梨佳

2ヶ月前に投稿